EFGの効果とは

近年、化粧品の成分として特に注目されているものがegfであり、化粧水や美容液、パックやマスクなど幅広く使用されています。肌の表面にはもともとEGFを受け取る為の受容体が備わっていますので、不足を補ってあげることで新陳代謝が活性化され、美肌に効果があるとして人気です。

EGFとは?

EGF(ヒトオリゴペプチド-1)とは「Epidermal Growth Factor」の略称で、肌の表面部での成長の因子を意味しています。

EGFは通常「上皮成長因子」と呼ばれますが、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」、「細胞再生因子」と言われることもあります。

EGFとは、発見された当初は火傷を負った肌の再生を目的とし、皮膚再生医療の分野で使用されていました。

その後、有効性が認められノーベル賞受賞の物質として脚光を浴びるようになり、最近では高いアンチエイジング効果に期待され、よく化粧品に配合されています。

日本では、2005年に厚生労働省より化粧品への配合が認可されています。

EGFの効果とは?

では、EGFの効果とは実際どのようなものなのでしょうか。

EGFはその名のとおり、肌表面の新陳代謝の活性化、つまり表皮細胞の成長(ターンーバー)を促進させる効果を持っています。
また、血流を良くして、コラーゲンの蓄積を促す働きもあります。

これはEGFが火傷による皮膚移植や、角膜切開による傷の回復促進などの目的で医療分野で使用されてきた実績により確認されています。

一般的にEGFは、シミやそばかすなどの肌トラブルに対して効果があると言われることがありますが、実際のところ直接的な効果ではありません。
しかし、ターンオーバーを促進させることで、間接的にこれらの肌トラブルが解消されることもまた事実です。

肌トラブルや美肌作りは全て『ターンオーバー』と密接に関係しているのです。

副作用の心配はありません。

肌にEGFを塗りすぎると何か危険な副作用がありますかという質問がよく見かけられますが、結論から言いますと副作用はありません。

EGFは、肌表面にある「受容体」と結びつくことによって、新しい細胞の生成を促進する効果を発揮するのですが、受容体には、EGFが細胞内で飽和状態となると余分な EGFを受け入れることができなくなるという自動調節機能が備わっている為です。

もしEGFを大量に肌に塗っても不必要に分裂や増殖を引き起こすことはありませんので、ご安心下さい。

当サイト『【EGFとは】効果や化粧品としての役割』を利用する時の注意点

サイト内に記載している内容は全て、当サイトが保証するものではありません。最終的なご判断は自己責任でお願いいたします。また、当サイトに記載している内容により生じた、損害やトラブル等には一切の責任は負えませんのでご了承をお願いいたします。

Copyright (C) 2011 【EGFとは】効果や化粧品としての役割 All Rights Reserved.