EGFとターンオーバーの関係とは?

高い美肌効果に期待されているEGFは、肌のターンオーバーを促進することで知られています。こちらでは、ターンオーバーの解説やEGFとの関係を紹介していますので、EGFでターンオーバーをスムーズにし、キレイな肌を手に入れましょう。

ターンオーバーとは?

ターンオーバーとは肌の一番外側にある表皮の新陳代謝、約28日の周期で起こる肌が生まれ変わるサイクルのことです。

肌の奥にある基底角で新しい肌細胞が生まれると、肌細胞を保湿力やバリアー機能のある肌へと育てながら、約28日間の成長期間を得て、肌表面に向かってじわじわと押し上げられていきます。

ターンオーバーが正常に行われている肌(新陳代謝が活発な肌)は、新しい細胞が次々に生まれ、古い細胞が順に剥がれ落ちていきますので、いつでもキレイな肌を保つことができます。

しかし、このターンオーバーは加齢やストレス、睡眠不足や偏った食生活などの不規則な生活などによって、その周期が乱れて遅くなってしまい、古い細胞が肌の表面に長く留まり、見た目が老いてしまいます。

EGF化粧品の選び方

上皮成長因子であるEGFは、もともと体内に存在しますが、加齢とともに減少することが明らかになっています。

EGFが減少した肌は、肌のターンオーバーが乱れて、肌の生まれ変わりが遅くなってしまい、以前には無かったシミやくすみなどが目立つようになってきます。

そこで、ターンオーバーの正常化や活性化の為に、肌が本来持つEGFを化粧水や美容液などの化粧品で補うことに着目され、EGF配合化粧品が人気を集めているのです。

EGF化粧品を探していると「EGF原液」というものを見かけますが、EGFはタンパク質の1種で固形になりますので、厳密には「原液」とはなりません。
EGFが液状になっている状態は、EGF以外のものが含まれていますので、原材料欄をしっかりチェックしましょう。

スキンケアの中心的位置にある化粧水は、主に肌の水分補給を目的としています。その際にEGFFを同時に補給することで、肌は細胞分裂や増殖を行い易い状態となり、より効果的なEGFの作用に期待できます。

最近では、EGFが配合された化粧水がとても人気となっていますが、これはEGFが持つ上皮成長効果(ターンオーバーの促進)を発揮する上で、肌の角質層が水分に満ちていることがとても重要だからです。

水分に満たされた肌とは、細胞分裂や増殖の為の最適な条件なのです。

その為、EGF化粧水(ローション)は高い人気となっており、アンチエイジング化粧品としても注目されています。

EGF配合の美容液

スキンケアに欠かせない美容液は、主に化粧水による水分補給の強化及び、肌が不足している有効成分の補充を目的としています。その際にEGFを同時に補給することで、肌は本来の肌力を取り戻しやすくなり、より効率的に美肌作りをサポートします。

化粧水とともにEGFが配合された美容液にも注目が集まっています。

これは美容液による保湿成分や美白成分の補給とともにEGFを補うことで、効率良く素肌が持つ『肌力』を向上させる作用に期待されているからです。

※EGF美容液は通常の基礎化粧品と順番が異なる場合がありますので、美容液の使用順は、各メーカーをご確認下さい。

化粧品の目的の変化

昔の化粧品とは「肌を隠す」事を目的とし、近年の化粧品は「肌に栄養を与える」事を目的としていますが、最先端の美容では、「肌を再生する」事が目的となっています。

スポンサーリンク
ページのトップへ戻る